Digital東京とは

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。(鴨長明「方丈記」)

鴨長明は世の中を常に動き、入れ替わり、変化し続けものと捉え、文字で表現しました。

“Digital東京”とはテクノロジーとサイエンスのちからにより、常に変化し続けるリアル社会をデジタル空間上に再現する、オフラインデータの構造化プロジェクトです。


どうやって実現するの?

独自のWi-Fiセンサーをオフラインのリアル社会にかんたんに置くだけで、人々の日々の活動や社会現象、属性を蓄積します。

そのマッシブなビッグデータを特許出願済みの3層のコホートによる意味づけ処理と複雑系理論を応用した分析アルゴリズム、数学、統計処理などで整理し、価値を見出し、独自のデジタルツイン技術によりオンラインのデジタル空間上にリアル社会を再現します。


何ができるの?

たとえば、ブランド別競合分析、マーケティング分析、デジタルサイネージや広告向けのDMPなど、Digital東京はアイデア次第であれもこれもできるようになります。

社会現象を整理し、見い出された価値は社会に還元され、社会を構成する人々の元気につながります。

新宿区内で人気のカフェは?

羽田空港には国内どの空港から来ている?

池袋はどこの大学生が多い?


















3層のコホート

Googleは2022年までにWeb(オンライン)のターゲティング広告でのサードパーティーcookieの利用を廃止し、FLoC(Federated Learning of Cohorts:コホートの連合学習)というテクノロジーを今後のオンライン向けの広告に用いることを明確にしています。

”Digital東京”では、3層のコホートの概念を世界に先駆けてオフラインのWi-Fiデータに応用し、デジタル空間上にリアルな社会を構築しています。

現在登録されているカテゴリーやコホートの種類